.

info-square.jpとは

info-square.jp(インフォメーションスクエア)では、ビジネスマン向けのブログサービスを行っています。ライブドアブログ、FC2ブログ、アメーバブログでは物足りない大人のブログサービスです。

ブログをビジネスに役立てる例として、自社製品の紹介をブログで行う。あるいは、プロジェクトやソフト開発中のブログなどを公開するなどが挙げられます。ブログを日記とせず、SEOに特化したネット広告だという位置づけで是非利用してください。

blog
blog
blog

ヘッドライン

  みどりなブログ   おまかせブログ
  きままブログ   神々の闘いの系譜
  範馬刃牙データベース SON OF OGRE   熱血経理マンのお仕事日記
  PHPマスター   IT用語Wiki
  Linuxexpert   スクエアブログ・ポータル
  HEART'S SPELLな日々   ふさこブログ
  seasonsブログ   あやのブログ
  ラーメン二郎 神保町店ブログ   アゴのつぶやき
  こつこつブログ。   ねこブログ かのん&しのん
  おかしのいえの住人たち   めいわくブログ
  サークル・ダルメシアンのブログ   今話題の!?キーワード・ブログ
  UNO(ウノ)ブログ   Beautyブログ
  有限会社ペガサスのブログ   神保町ブログ
  サッカーデータベース   ぐそくかずしのブログ

おまかせブログ2.0
  最終更新日  
要旨 新おまかせブログもWeb2.0時代に合わせて
ウェブマスター  
カテゴリ  
作成 http://wordpress.org/?v=ME2.2.3
言語 ja
CentOS7 でVPNが起動しない対処
カテゴリ RHEL7, vnc
公開:
要旨: 大抵の場合、ごみを消せば直る。

# rm /tmp/.X11-unix -fr
systemctl は標準出力で何も言ってくれないので好きになれない・・・
  もっと...
大抵の場合、ごみを消せば直る。 # rm /tmp/.X11-unix -fr systemctl は標準出力で何も言ってくれないので好きになれない・・・
RHLE7 192.168.122.1 virbr0の削除
カテゴリ RHEL7
公開:
要旨: # virsh net-list
名前 状態 自動起動 永続
———————————————————-
default 動作中 はい (yes) はい (yes)
# virsh net-destroy default
ネットワーク default は強制停止されました
# virsh net-autostart default [...]  もっと...
# virsh net-list 名前 状態 自動起動 永続 ———————————————————- default 動作中 はい (yes) はい (yes) # virsh net-destroy default ネットワーク default は強制停止されました # virsh net-autostart default --disable ネットワーク default の自動起動設定が解除されました # virsh net-list --all 名前 状態 自動起動 永続 ———————————————————- default 停止状態 いいえ (no) はい (yes)
RHEL7 ネットワーク系コマンドまとめ
カテゴリ RHEL7
公開:
要旨: #ip a
イーサネットの情報確認
: lo: mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN
link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
inet 127.0.0.1/8 scope host lo
valid_lft forever preferred_lft forever
inet6 ::1/128 scope host
valid_lft forever preferred_lft forever
2: enp2s0: mtu [...]  もっと...
#ip a イーサネットの情報確認 : lo: mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00 inet 127.0.0.1/8 scope host lo valid_lft forever preferred_lft forever inet6 ::1/128 scope host valid_lft forever preferred_lft forever 2: enp2s0: mtu 1500 qdisc mq state UP qlen 1000 link/ether 90:1b:0e:6c:83:9d brd ff:ff:ff:ff:ff:ff inet 192.168.254.190/24 brd 192.168.254.255 scope global enp2s0 valid_lft forever preferred_lft forever inet6 fe80::921b:eff:fe6c:839d/64 scope link valid_lft forever preferred_lft forever 3: enp0s25: mtu 1500 qdisc pfifo_fast state DOWN qlen 1000 link/ether 90:1b:0e:8b:46:06 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff 4: virbr0: mtu 1500 qdisc noqueue state DOWN link/ether 52:54:00:55:dd:b1 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff inet 192.168.122.1/24 brd 192.168.122.255 scope global virbr0 valid_lft forever preferred_lft forever 5: virbr0-nic: mtu 1500 qdisc pfifo_fast master virbr0 state DOWN qlen 500 link/ether 52:54:00:55:dd:b1 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff #ip r ルーティング情報の確認 default via 192.168.254.1 dev enp2s0 proto static metric 100 192.168.122.0/24 dev virbr0 proto kernel scope link src 192.168.122.1 192.168.254.0/24 dev enp2s0 proto kernel scope link src 192.168.254.190 metric 100 # ss -tu 通信確立の確認 Netid State Recv-Q Send-Q Local Address:Port Peer Address:Port udp ESTAB 0 0 ::1:54851 ::1:54851 tcp ESTAB 0 0 192.168.254.190:lcm-server 192.168.254.189:42614 tcp ESTAB 0 0 192.168.254.190:38315 192.168.254.189:lcm-server tcp ESTAB 0 0 192.168.254.190:ssh 192.168.254.68:54178 tcp ESTAB 0 176 192.168.254.190:ssh 192.168.254.73:50064 tcp ESTAB 0 0 192.168.254.190:ftp 192.168.254.73:50072 tcp ESTAB 0 0 ::ffff:192.168.254.190:10258 ::ffff:192.168.254.189:41855 # ss -ltu 起動サービス確認 Netid State Recv-Q Send-Q Local Address:Port Peer Address:Port udp UNCONN 0 0 *:47097 *:* udp UNCONN 0 0 127.0.0.1:323 *:* udp UNCONN 0 0 *:mdns *:* udp UNCONN 0 0 ::1:323 :::* tcp LISTEN 0 5 *:5801 *:* tcp LISTEN 0 128 *:778 *:* tcp LISTEN 0 5 *:5901 *:* tcp LISTEN 0 128 *:81 *:* tcp LISTEN 0 32 *:ftp *:* tcp LISTEN 0 128 *:ssh *:* tcp LISTEN 0 128 127.0.0.1:ipp *:* tcp LISTEN 0 128 *:postgres *:* tcp LISTEN 0 100 127.0.0.1:smtp *:* tcp LISTEN 0 128 *:zabbix-agent *:* tcp LISTEN 0 128 192.168.254.190:lcm-server *:* tcp LISTEN 0 5 :::5801 :::* tcp LISTEN 0 128 :::778 :::* tcp LISTEN 0 5 :::5901 :::* tcp LISTEN 0 128 :::81 :::* tcp LISTEN 0 1 :::10258 :::* tcp LISTEN 0 50 :::xfer :::* tcp LISTEN 0 50 :::36532 :::* tcp LISTEN 0 128 :::ssh :::* tcp LISTEN 0 128 ::1:ipp :::* tcp LISTEN 0 128 :::postgres :::* tcp LISTEN 0 100 ::1:smtp :::* tcp LISTEN 0 128 :::zabbix-agent :::* #nmtui ネットワーク設定 # hostnamectl status HostNameの確認 Static hostname: i190 Icon name: computer-desktop Chassis: desktop Machine ID: 49716b66575b41dfbf3b97c3edefd4f8 Boot ID: c878b9fa801243c99e0252494197eb1d Operating System: CentOS Linux 7 (Core) CPE OS Name: cpe:/o:centos:centos:7 Kernel: Linux 3.10.0-327.4.4.el7.x86_64 Architecture: x86-64 # hostnamectl set-hostname XXXXXXX –static HostNameの変更
FFFTPで.htaccessが見えないとき
カテゴリ Windows, FTP
公開:
要旨: FFFTPで.htaccessが見えなくなってしまった。
FFFTPのバージョンは、FFFTP Ver 1.98
ユーザからの問い合わせか何かで設定を変更してしまうと忘れてしまうので記録しておきます。

ホスト一覧 > 該当ホストの「設定変更」 > 「高度」タブ > 「LISTコマンドでファイル一覧を取得(L)」のチェックをはずす
同じく「高度」タブの「NLSTファイル名/オプション」を-alLにしておく
メニュー「表示」 > 「.で始まるファイルの表示(D)」にチェックを入れる

  もっと...
FFFTPで.htaccessが見えなくなってしまった。 FFFTPのバージョンは、FFFTP Ver 1.98 ユーザからの問い合わせか何かで設定を変更してしまうと忘れてしまうので記録しておきます。 ホスト一覧 > 該当ホストの「設定変更」 > 「高度」タブ > 「LISTコマンドでファイル一覧を取得(L)」のチェックをはずす 同じく「高度」タブの「NLSTファイル名/オプション」を-alLにしておく メニュー「表示」 > 「.で始まるファイルの表示(D)」にチェックを入れる
Linux と NAS の NFS (smbmount)
カテゴリ Linux, fstab, mount, NAS, SMB
公開:
要旨: buffaloのNASなど大容量のものが安価になってきたのでLinuxサーバからマウントして利用したい。smbmount や smbfs は古いので、 cifsでマウントして運用しよう。
事前準備
# yum install samba-client
# mkdir /mnt/wg/
# chmod 777 /mnt/wg/
# mount -t cifs -o user=USER,password=PASSWD //IP_ADDRESS/フォルダ名 /mnt/wg/
fstabの設定(未確認)
# vi /etc/fstab
//IP_ADDRESS/フォルダ名 /mnt/wg cifs username=USER,password=PASSWD 0 0
  もっと...
buffaloのNASなど大容量のものが安価になってきたのでLinuxサーバからマウントして利用したい。smbmount や smbfs は古いので、 cifsでマウントして運用しよう。 事前準備 # yum install samba-client # mkdir /mnt/wg/ # chmod 777 /mnt/wg/ # mount -t cifs -o user=USER,password=PASSWD //IP_ADDRESS/フォルダ名 /mnt/wg/ fstabの設定(未確認) # vi /etc/fstab //IP_ADDRESS/フォルダ名 /mnt/wg cifs username=USER,password=PASSWD 0 0
ML110 G7 CentOS5.8 RAID1のリカバリー方法#5
カテゴリ ML110, リカバリ, リストア, b110i, ml110, RAID, 再構築
公開:
要旨: ML110G7のオンボードRAIDコントローラB110iはノンホットプラグのRAIDが構築できるだけなので、リカバリーするには、一度電源を落とし、新しいHDDを交換してから再度起動する必要があります。
以下のスクリーンショットのとおり、デフォルトでリカバリーしようとするので、電源を入れるだけでOKです。また、修復中もOSは動きますので、言葉の通り「一度再起動」すれば勝手に元のRAID構成になります。



  もっと...
ML110G7のオンボードRAIDコントローラB110iはノンホットプラグのRAIDが構築できるだけなので、リカバリーするには、一度電源を落とし、新しいHDDを交換してから再度起動する必要があります。 以下のスクリーンショットのとおり、デフォルトでリカバリーしようとするので、電源を入れるだけでOKです。また、修復中もOSは動きますので、言葉の通り「一度再起動」すれば勝手に元のRAID構成になります。 (more…)
ML110 G7 CentOS5.8 RAID1のディスク障害と通知設定#4
カテゴリ ML110, 通知, 障害, HDD, HP, ml110, raid1
公開:
要旨: ML110 G7 にCentOS5.8をRAID1の構成で運用し、ディスクが故障したらどうなるのだろうか?障害発生の前に障害発生時のキメゴトをしておいた方が良いので、障害の検知と復旧について記録しておくことにします。
まず、RAID1構成のCentOS5.8のHDDを起動中に無理矢理一つ引っこ抜くと、Manegementシステムはこのように変化しました。

当然HDD1つでもCentOS5.8は立ち上がります。
まず、Manegement Homepageを見なくてもメールで管理者に障害を通知する必要があります。
HDDに何らかの障害が発生したときにxxx@hoge.comに通知するには次の設定を行います(Trap全体を通知するアドレスを指定します)。
# vi /opt/hp/hp-snmp-agents/cma.conf
-- trapemail /bin/mail -s 'HP Insight Management Agents Trap Alarm' root
++ trapemail /bin/mail -s 'HP Insight Management Agents Trap Alarm' xxx@hoge.com
通知メールにはTrap-ID番号が記載されています。障害時の対応については別途記載します(たぶん)。
From root@localhost.localdomain Tue Jan 1 23:40:47 2013
Date: Tue, 1 Jan 2013 23:40:42 +0900
From: root
To: root@localhost.localdomain
Subject: HP Agent Trap Alert
 
Trap-ID=3046
 
Physical Drive Status Change: Slot 0 Port 2I Box [...]  もっと...
ML110 G7 にCentOS5.8をRAID1の構成で運用し、ディスクが故障したらどうなるのだろうか?障害発生の前に障害発生時のキメゴトをしておいた方が良いので、障害の検知と復旧について記録しておくことにします。 まず、RAID1構成のCentOS5.8のHDDを起動中に無理矢理一つ引っこ抜くと、Manegementシステムはこのように変化しました。 当然HDD1つでもCentOS5.8は立ち上がります。 まず、Manegement Homepageを見なくてもメールで管理者に障害を通知する必要があります。 HDDに何らかの障害が発生したときにxxx@hoge.comに通知するには次の設定を行います(Trap全体を通知するアドレスを指定します)。 # vi /opt/hp/hp-snmp-agents/cma.conf -- trapemail /bin/mail -s 'HP Insight Management Agents Trap Alarm' root ++ trapemail /bin/mail -s 'HP Insight Management Agents Trap Alarm' xxx@hoge.com 通知メールにはTrap-ID番号が記載されています。障害時の対応については別途記載します(たぶん)。 From root@localhost.localdomain Tue Jan 1 23:40:47 2013 Date: Tue, 1 Jan 2013 23:40:42 +0900 From: root To: root@localhost.localdomain Subject: HP Agent Trap Alert   Trap-ID=3046   Physical Drive Status Change: Slot 0 Port 2I Box 1 Bay 2.Status is now Failed. HP ML110 G7にCentOS5.8をRAID1で構築#0 ML110 G7 CentOS5.8 RAID1 B110iドライバ適応インストール#1 ML110 G7 CentOS5.8 SPPインストール#2 ML110 G7 CentOS5.8 iLO3の日本語化#3 ML110 G7 CentOS5.8 RAID1のディスク障害と通知設定#4 ML110 G7 CentOS5.8 RAID1のリカバリー方法#5 上記のインストールおよび設定は「ML110 G7 B110i RAID1 CentOS5.8」という仕様での成功例です。
ML110 G7 CentOS5.8 iLO3と日本語化#3
カテゴリ ML110, HP, ilo3, ml110, 日本語
公開:
要旨: ML110 G7 CentOS5.8 iLO3を利用して、電源のオン/オフくらいはリモートで行いたい。G7ではRemote Insight Boardが無くてもLAN1にLAN1ケーブルを挿しておけば、iLO3がにアクセスできます!IPアドレスはデフォルトでDHCPで割り当てられるため、HP System Manegement Homepageの
ホーム マネジメントプロセッサー Embedded HP ILO3 NIC
でIPアドレスを確認してください。

ブラウザからそのIPアドレスにアクセスし、ハード筐体の横に貼り付けてあるタグに書かれているパスワードを使ってログインします。詳しくは、HPのiLO3リリースノートv1.5参照してください。
iLO3 v1.5の日本語化
現在の管理システムは英語なので日本語にしたくなりますので、また、HPから日本語化パッケージをダウンロードして適応します。
「Integrated Lights-Out 3 Language Pack - Japanese 」から「sp58255.exe」をダウンロードしてください。
原文 HOW TO USE -
 
1. ご使用のオペレーティングシステム用の iLO3 言語パックSoftpaqを
ダウンロードします。
 
2. 以下の手順で言語パックをインストールしてください:
 
a) コンポーネントからターゲットディレクトリにlang_ja_yyy.lpk (yyyは言語パックのバージョン) が解凍されます。
[...]  もっと...
ML110 G7 CentOS5.8 iLO3を利用して、電源のオン/オフくらいはリモートで行いたい。G7ではRemote Insight Boardが無くてもLAN1にLAN1ケーブルを挿しておけば、iLO3がにアクセスできます!IPアドレスはデフォルトでDHCPで割り当てられるため、HP System Manegement Homepageの ホーム マネジメントプロセッサー Embedded HP ILO3 NIC でIPアドレスを確認してください。 ブラウザからそのIPアドレスにアクセスし、ハード筐体の横に貼り付けてあるタグに書かれているパスワードを使ってログインします。詳しくは、HPのiLO3リリースノートv1.5参照してください。 iLO3 v1.5の日本語化 現在の管理システムは英語なので日本語にしたくなりますので、また、HPから日本語化パッケージをダウンロードして適応します。 「Integrated Lights-Out 3 Language Pack - Japanese 」から「sp58255.exe」をダウンロードしてください。 原文 HOW TO USE -   1. ご使用のオペレーティングシステム用の iLO3 言語パックSoftpaqを ダウンロードします。   2. 以下の手順で言語パックをインストールしてください:   a) コンポーネントからターゲットディレクトリにlang_ja_yyy.lpk (yyyは言語パックのバージョン) が解凍されます。 これは、言語のイメージファイルになります。   b) iLO 3にログインし、Administration ->Access Settings->Languageタブに移動し、この言語パックをアップロードしてください。 HP ML110 G7にCentOS5.8をRAID1で構築#0 ML110 G7 CentOS5.8 RAID1 B110iドライバ適応インストール#1 ML110 G7 CentOS5.8 SPPインストール#2 ML110 G7 CentOS5.8 iLO3の日本語化#3 ML110 G7 CentOS5.8 RAID1のディスク障害と通知設定#4 ML110 G7 CentOS5.8 RAID1のリカバリー方法#5 上記のインストールおよび設定は「ML110 G7 B110i RAID1 CentOS5.8」という仕様での成功例です。
ML110 G7 CentOS5.8 SPPインストール#2
カテゴリ ML110, HP, ml110, RHE, spp
公開:
要旨: ML110 G7 にCentOS5.8 用 SPPをインストールするには、ISOイメージをHPのサポートセンターからダウンロードして、LinuxのGUI上で展開する必要があります。
HP Service Pack for ProLiant ダウンロード
スケジュールに基づいた予測可能なリリース、柔軟な運用が可能。HP Service Pack for ProLiantは、包括的なコレクションから成るマスターリリースセットで、長期サイクルのためにすべて一緒にテストされたサーバー、コントローラー、ブレード、エンクロージャー用のファームウェアとシステムソフトウェア(ドライバー、エージェント、非エージェントツール、ユーティリティ)で構成されており、HP Smart Update Manager (HP SUM)によって展開されます。
HPの日本語は意味不明ですが、SPPとはHP Service Pack for ProLiantのことで、PSPの時とは違い husum を実行するだけで必要なパッケージが簡単にインストールされる仕組みとなっています。
SPPインストール方法
1.HPから 2012.10.0, SPP - ProLiant ML/DL/SL Red Hat Enterprise Linux Pack ISOイメージ をダウンロード
2.WindowsなどでCD-Rに焼く
3.必要なRPMをyumインストールする
4.おまじないをかける
5.CentOS5.8が起動しているML110 G7に入れマウントする
6.hpsumを実行する
  もっと...
ML110 G7 にCentOS5.8 用 SPPをインストールするには、ISOイメージをHPのサポートセンターからダウンロードして、LinuxのGUI上で展開する必要があります。 HP Service Pack for ProLiant ダウンロード スケジュールに基づいた予測可能なリリース、柔軟な運用が可能。HP Service Pack for ProLiantは、包括的なコレクションから成るマスターリリースセットで、長期サイクルのためにすべて一緒にテストされたサーバー、コントローラー、ブレード、エンクロージャー用のファームウェアとシステムソフトウェア(ドライバー、エージェント、非エージェントツール、ユーティリティ)で構成されており、HP Smart Update Manager (HP SUM)によって展開されます。 HPの日本語は意味不明ですが、SPPとはHP Service Pack for ProLiantのことで、PSPの時とは違い husum を実行するだけで必要なパッケージが簡単にインストールされる仕組みとなっています。 SPPインストール方法 1.HPから 2012.10.0, SPP - ProLiant ML/DL/SL Red Hat Enterprise Linux Pack ISOイメージ をダウンロード 2.WindowsなどでCD-Rに焼く 3.必要なRPMをyumインストールする 4.おまじないをかける 5.CentOS5.8が起動しているML110 G7に入れマウントする 6.hpsumを実行する (more…)
ML110 G7 CentOS5.8 で真っ赤な画面#1.5
カテゴリ ML110, レッドスクリーン, CentOS, 真っ赤, ml110
公開:
要旨: ML110 G7 CentOS5.8 RAID1 B110iドライバ適応インストールを行っていた時、インストールが終了したと思って再起動すると真っ赤な画面(レッドスクリーン)で止まってしまった。Windowsのブルー画面のようなエラー画面です。
身に覚えのあることはML110 G7にCentOS5.8のインストール時にB100iドライバを適応させパーティションを自動でお願いしたときにUSBをマウントしているドライブにもチェックを入れていたこと。そして、もういいだろうと思ってUSBメモリを再起動前に抜いてしまったことです。

パーティションを切るときにUSBメモリをマウントしたドライブのチェックを外す
CentOS5.8のインストールが終了し、DVDが出てきたところでUSBを抜く

で、真っ赤な画面レッドスクリーンはもう二度と見られませんでした。
★重要 上記は関係ないかもしれません!

  もっと...
ML110 G7 CentOS5.8 RAID1 B110iドライバ適応インストールを行っていた時、インストールが終了したと思って再起動すると真っ赤な画面(レッドスクリーン)で止まってしまった。Windowsのブルー画面のようなエラー画面です。 身に覚えのあることはML110 G7にCentOS5.8のインストール時にB100iドライバを適応させパーティションを自動でお願いしたときにUSBをマウントしているドライブにもチェックを入れていたこと。そして、もういいだろうと思ってUSBメモリを再起動前に抜いてしまったことです。 パーティションを切るときにUSBメモリをマウントしたドライブのチェックを外す CentOS5.8のインストールが終了し、DVDが出てきたところでUSBを抜く で、真っ赤な画面レッドスクリーンはもう二度と見られませんでした。 ★重要 上記は関係ないかもしれません!
スクエアメニュー
リンク

- PR -
アニメワンピースを語るなら
史上最強のアニメ ワンピースのコミュニティサイトで多くのファンと語り合おう
onep.jp

Copyright (C) 2001-2010 株式会社インタースペースプランニング
おまかせブログ / Linuxexpert
Login  |  Register Now!