.

info-square.jpとは

info-square.jp(インフォメーションスクエア)では、ビジネスマン向けのブログサービスを行っています。ライブドアブログ、FC2ブログ、アメーバブログでは物足りない大人のブログサービスです。

ブログをビジネスに役立てる例として、自社製品の紹介をブログで行う。あるいは、プロジェクトやソフト開発中のブログなどを公開するなどが挙げられます。ブログを日記とせず、SEOに特化したネット広告だという位置づけで是非利用してください。

blog
blog
blog

ヘッドライン

  みどりなブログ   おまかせブログ
  きままブログ   神々の闘いの系譜
  範馬刃牙データベース SON OF OGRE   熱血経理マンのお仕事日記
  PHPマスター   IT用語Wiki
  Linuxexpert   スクエアブログ・ポータル
  HEART'S SPELLな日々   ふさこブログ
  seasonsブログ   あやのブログ
  ラーメン二郎 神保町店ブログ   アゴのつぶやき
  こつこつブログ。   ねこブログ かのん&しのん
  おかしのいえの住人たち   めいわくブログ
  サークル・ダルメシアンのブログ   今話題の!?キーワード・ブログ
  UNO(ウノ)ブログ   Beautyブログ
  有限会社ペガサスのブログ   神保町ブログ
  サッカーデータベース   ぐそくかずしのブログ

範馬刃牙データベース SON OF OGRE
  最終更新日  
要旨 地上最強を目指す男たちの闘争の足跡 ・・・
ウェブマスター  
カテゴリ  
作成 http://wordpress.org/?v=ME2.2.3
言語 ja
今週の範馬刃牙 第140話 『歯vs牙』 感想
カテゴリ 今週の範馬刃牙, 範馬刃牙
公開:
要旨: ピクルとの対決を決めた刃牙より先に、ピクルの下を訪れたのは、
刃牙の異母兄弟、ジャック・ハンマーだった。
「言葉はワカらんでも理解るだろう ヤルんだよ俺らは」
闘志をみなぎらせるジャックを前に、ピクルもまた歓喜していた。
ジャックはピクルの顔面に力を込めた一撃を放つが、全くダメージを受けた様子を見せない。
ピクルの頑強さに関心を見せるジャックであったが、さらに興味を引かれたのが、
ピクル最大の武器とも言える鋭い「牙」であった。
「噛みっこだ」
歯を激しく打ち鳴らし威嚇するジャック。それに応えるかのように大きく口を開くピクル。
現代、古代を代表する二つの凶器が、ついにぶつかり合う時がきた!!
  もっと...
今週の範馬刃牙 第139話 『Like an Ogre』 感想
カテゴリ 今週の範馬刃牙, 範馬刃牙
公開:
要旨: バキとピクルの対決が近づいている。
バキはシャドーボクシングを行う地下室でピクルをイメージしようとするが、想像ができない、
ピクルの姿が浮かんでこない。
そんな時様子を見に烈海王が現れる。ピクルはどれほどの実力を持っているのかと刃牙は問いかけるが、烈も克巳もピクルの本気を引っ張り出せなかったため、わからないと答える。
その答えを聞いたバキは息を荒げ、興奮しだし、こう叫んだ。
「たまんねェな烈ちゃん・・・想像もつかねェ強ェ奴と心ゆくまでヤレるんだぜッッ
どんだけ強ェかワカらねェッッ 何をしてくるかさえワカらねェッッ そんな奴とヤレるんだぜッッッ」
「明日・・・直・・・俺がピクルの下へ出向く」
こう答えたバキを見て、烈海王はバキの父親、勇次郎の姿とだぶらせる。
そしてついに地下闘技場にあるピクルの前に立ちはだかるものが現れた。
それは、バキの異母兄弟、ジャック・ハンマーだった。
  もっと...
グラップラー刃牙 完全版 23巻 24巻 表紙
カテゴリ バキ リリース速報, グラップラー刃牙 完全版
公開:
要旨:
※画像の出典:『グラップラー刃牙 完全版』 著者:板垣恵介 (秋田書店)
グラップラー刃牙 完全版 23巻 24巻 は、今日11/7発売です。
気になる表紙は、23巻が天内悠、24巻がまたわかりません
22巻に続き、またしても不明です・・・orz
(ちなみに、22巻は 『範馬勇次郎』 でした)
白髪か?
これはまさか・・・
  もっと...
今週の範馬刃牙 第135話 『開花』 感想
カテゴリ 今週の範馬刃牙, 範馬刃牙, ピクル, 範馬刃牙, 愚地克巳
公開:
要旨: 克巳とピクルの闘いが終わった。
血だらけの白道着を身にまとったまま、克巳は担架で運ばれていた。
克巳の体には救援隊による止血が施されている。
克巳の鍛え上げられた肉体を運び出すのは相当キツイのであろう。
3名ともに息を荒げ、額には汗が滴り落ちていた。
その時・・・
1名の救援員が会場の異変に気付く。
5万人が・・・いないッ
神心会門下生により満員だった会場に誰もいないのだ。
驚きの表情で他の2名も会場を見渡す。
確かに、誰一人欠ける事なくいなくなったように見えた。
門下生5万5千人の前で、命がけの闘いを繰り広げた克巳。
その覚悟と誇りは門下生に痛いほど伝わっていた。
誇るべき我らがリーダーを高みから見下ろすことなどできなかった。
全門下生による正座
誰に言われたものでもない。
椅子をたたみ、自ら足元へ正座した。
視線を伏せ、克巳への忠誠心を示した。
会場を見上げる3名の救援隊からは、その様子が見えなかった。
克巳を乗せた担架が通路に入ると、刃牙はじめ、独歩、光成、ペインが待機していた。
意識を失ったままの克巳の姿を見た刃牙は、心から悔いた。
克巳とピクルが闘う前に言ったあの一言。
『 まさか、アンタに先を越されるとはな 』
嫉妬から出た一言・・・
完全なる失言だった。
お調子者のお坊ちゃまだった克巳。
これまで、数多くの局面で失望させられてきた。
しかし、ピクルとの闘いで克巳は気高い開花を見せた。
担架に横たわる克巳の顔が素直に誇らしく思えた。
言うまでもなく、血縁なき父である独歩もまた、刃牙と同じ心境だった。
刃牙たちの前から担架が去ったあと、ペインが光成に尋ねる。
『 ピクルは? 』
小さなため息をつき、光成が答えた。
『 聞こえんかね・・・ 』
『 この、地の底から響くような遠吠え・・・ 』
オオオオオオオオッッッ
克巳への想いから溢れ出たピクルの遠吠えは、地下から地上へと響き渡った・・・
  もっと...
今週の範馬刃牙 第134話 『結晶』 感想
カテゴリ 今週の範馬刃牙, 範馬刃牙, ピクル, 範馬刃牙, 愚地克巳
公開:
要旨: 大量の出血により、もはや克巳に意識はなかった。
目を薄く開いたままピクリとも動かない克巳。
引きちぎられた右腕からは、止まることなく大量の血が溢れていた。
そんな克巳と克巳の戦利品である右腕を前に、ピクルは合掌をはじめた。
言葉を持たぬピクルの心に、様々な想いが駆けめぐる。
ジュラ紀を生き抜いたピクル。
遠慮など必要のない相手ばかりだった。
超ド級の猛者たちに闘いを挑まれては勝利し、食してきた。
自分より遙かに強大な相手と闘っては、その命を奪い、食してきた。
群雄割拠の時代を一人生き抜いた自分が、時に誇らしくも思えた。
そして現代。
自分より遙かに小さな敵と闘った。
この小さな敵は、爪や牙、毒すらも持たない。
ただひたすらに、小さな手を、小さな脚をぶつけてきた。
ピクルにとっては、全てがあまりにも小さかった。
しかし、その攻撃は強烈無比。
腹部に受けたあの衝撃は、かつてのライバルたちと匹敵するほど強烈なものだった。
小さく、そして強烈な攻撃を受けたピクルには、今回の闘いで克巳が払った犠牲の本質を
理解していた。
あんなに柔らかく、小さなもの(拳)がライバルたちの攻撃と匹敵しているのだ。
想像を絶する努力で手にした武器に違いない。
「努力」 や 「結晶」 などという言葉はピクルにはわからない。
それでも・・・
何一つ言葉を持たなくても、ピクルは理解していた。
目の前の小さな敵は、かけがえのない貴重な宝を差し出してくれたのだと。
これが、合掌の真なる意味。
そして・・・
克巳の戦利品を見下ろしながら、ピクルはゆっくりと合掌をやめた。
そっと立ち上がり、克巳に背を向けるピクル。
空腹のままの帰路
これまでの人生で初めての選択だった・・・
  もっと...
スクエアメニュー
リンク

- PR -
アニメワンピースを語るなら
史上最強のアニメ ワンピースのコミュニティサイトで多くのファンと語り合おう
onep.jp

Copyright (C) 2001-2010 株式会社インタースペースプランニング
おまかせブログ / Linuxexpert
Login  |  Register Now!